--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2007年12月03日

<中国編> 世界中で買い物

この世界一周では各国で何か共通した物を
買い続けたいと思ってます。

そのうちの一つが「民族衣装」。

ということで、
その一つ目として、チャイナドレスをゲットしました♪

CIMG7431.jpg


と、ここでチャイナドレスについて少し雑学♪

私達よく知ってる現在のチャイナドレスのデザインになったのは、
20世紀の初めで、中国の北方に住む満族という民族が
作ったものらしいです。

チャイナドレスの特徴が、高い襟とスリット。

高い襟は、首を寒さから防ぐためのもので、
(満族の故郷は、冬はマイナス30度以下だったため)
スリットは、馬の乗り降りに便利なように施されたもの。
(満族は狩りや放牧が生活の中心だったため)

今では、レストランやホテルの従業員がよく着ていたり、
結婚式やパーティーで着られているらしいです♪
               
日本にも着物や浴衣があって、その背景にはその国の
歴史や文化がとても大きく関わってますよね♪

ということで、この世界一周では、
私にとって興味深い民族衣装をしっかり見ながら、
それを通してその国を少しでも勉強しながら感じてきたいと思います♪

そして、世界一周が終わった時、私のクローゼットにどれだけの
リトルワールドができるか、今から楽しみです♪

CIMG7434.jpg


(いっぱい試着させてもらって、値段交渉して
仲良くなったお店の方と♪
中国のお店の方も優しい方がおおくて幸せです♪)

で、でも、最初は1着185元と言われていた服が
最終的には2着で140元になってるんです。。
最初の提示価格って一体?!(笑)



スポンサーサイト

FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

コメント

たはぁ~!!
似合ってますよ☆

良い企画ですね。
しかし、チャイナドレスにはそんな秘密が!
いや~、個人的にスリットを開発した満族に感謝っス。

上手な買い物して下さいm(__)m

チャイナドレスにそんな歴史があるとは知らなかったです、お陰でまた少し利口になりました。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://happymiwa.blog108.fc2.com/tb.php/168-723bcfcf
☆ 世界一周プロフィール ☆

☆ みわ ☆

Author:☆ みわ ☆
<期間>
2007年11月15~
2008年9月13日
 計303日間(約10ヶ月)

<訪問国>
台湾・香港(マカオ)・
中国・ベトナム・
カンボジア・タイ・ラオス・
マレーシア・シンガポール・

インド・ネパール

トルコ・シリア・ヨルダン・エジプト

ブルガリア・アルバニア・
マケドニア・クロアチア・
ボスニア・モンテネグロ・
セルビア

ハンガリー・オーストリア・
チェコ・スペイン

ペルー・ボリビア・チリ・
アルゼンチン・ブラジル

以上32カ国

<主な移動手段>
世界一周航空券と現地バス

<旅行費用>
約140万円

<準備期間>
約半年




自己紹介はこちら
からどうぞ☆

☆ホームに戻る☆

☆ 紹介されました ☆
☆ 世界一周関連リンク ☆
☆ ご意見お待ちしてます! ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

どんなことでも構いませんので、何か質問やメッセージがあればコチラからどうぞ☆
☆ ブログ内検索 ☆
☆ QRコード ☆
QRコード
☆ RSSフィード ☆

Appendix


☆ このブログの内容 ☆
☆ 最近の記事とコメント ☆
☆ 全記事はこちらから ☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。