--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2008年09月28日

<アルゼンチン編>世界中の世界遺産 イグアスの滝



ブラジルとアルゼンチンにまたがる世界最大級の滝

イグアスの滝。


P1050093.jpg

今までいくつもの滝は見てきましたが
やはりここはケタ違いに大きくて、


P1050064.jpg

その水の量、


P1050059.jpg


その迫力


P1050054.jpg


P1050051.jpg

その神秘的な大自然に
かなりテンションがあがりました。


P1050013.jpg


P1040983.jpg


大小約300もの滝があるということで
もぉそこらじゅう滝だらけ。

P1040980.jpg

大自然の姿って
本当にすごいなぁ。。。

と思わずにはいられない場所ですよぉ!!


スポンサーサイト

FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2008年09月25日

<ブラジル編>世界中の食べ物



ブラジルの家庭料理。

それがこれ、「フェジョア」と呼ばれる豆の料理。

P1050130.jpg

ただ塩こしょう、にんにくだけで味付けしただけの
シンプルな料理なのに、なんだかとても懐かしくて
落ち着く味。。。

ブラジルの家庭では週に何回も登場する定番料理なんだとか。

P1050142.jpg

こんな風にご飯にかけて食べると
もぉ何杯でもご飯がいけちゃいます

でもこの料理の由来は、その昔
ブラジルで奴隷の人達が食べる物がなく
豆と、残飯の豚の足や頭を混ぜて食べたことから
はじまったのだとか。。。

そんな料理が
ブラジルの庶民食として今もなお
親しみ続けられている。

家族や親戚が集まる日には
フェジョアが振舞われます。

P1050137.jpg

どの国でも家庭料理を頂くと
その味以上に、不思議なスパイスが加わって
おいしく感じちゃいます。

P1050128.jpg

きっとそのスパイスって
みんなで食卓を囲んで、楽しく食べてるから
なんでしょうね。。!

P1050129.jpg

ブラジル家庭料理 フェジョア
おすすめです。。!!


FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2008年09月21日

<国別まとめ>チリ編




IMGP0558.jpg
チリ
 まとめ

2008.8.1 ~ 2008.8.19
19日間





  滞在中レポート色々



IMGP0581.jpg

<チリ編>世界中の世界遺産 モアイ

<チリ編>世界中の宿 ビーニャデルマル 汐見荘


こちらも↓も是非見てみてくださいね♪
Quunレポーター活動10回目
「ペルー、ボリビア、魅惑の文化と人々」

http://quun.net/qc01/




宿情報



<ビーニャデルマル>
汐見荘
baquedano 319, recreo, vina del mar
56-032-2368315
一泊どみ9ドル
長期割引あり
パソコン持参者ネットフリー、キッチン、書籍多数
情報ノートアリ、いごこちとってもよい。

詳しい宿情報はこちら → <チリ編>世界中の宿 ビーニャデルマル 汐見荘

<イースター島>
hostel puku rangi uka(プクランギウカ)
av.puku rangi uka
シングル(ツイン、トリプルもあり) トイレバス付 1人4500peso(9us$)
おそらく島でもっとも安いです!

キッチン、リビングあります!
オーナーのマルタは少しクセありですが、
日本人に有名なキャンピングミヒノアはテントで10USドルなので
トイレバス付シングルで9USドルのこちらのが
お徳感があるように感じます。
ただミヒノアの海がみえる立地条件は素敵だと思いました。
(ただし、雨季だと雨の日(しかも朝晩は冷える)にテントは
大変そうでした)





移動情報



<これまでのルート>南米編をご覧下さい。

IMGP0545.jpg


その他の情報



<ビーニャデルマル>

☆お魚市場で新鮮な魚介類をたっぷり食べましょう!
 お魚市場への行き方などは、宿の情報ノートを!!

☆スーパーの半値近くで野菜や果物が買える野菜市は
 毎週水、土です!
 (行きかたは宿の情報ノートを!!)

CIMG0950.jpg

☆宿から電車、バスで15分の世界遺産「バルパライソ」へ日帰り見学!
 ただし、バルパライソは治安があまりよくないので
 行く際は、貴重品などにはくれぐれも気をつけて、
 明るい時間にかえってきましょう!
 (坂を上る路面電車(アセンソール)はかわいいので、
 是非のってくださいね!)

CIMG0944.jpg



☆野菜市周辺にある、駄菓子屋さんでは
 おかしが安い! 「bon o bon」というチョコ菓子がとにかくオススメ!
 1つ50peso!お土産にぜひどーぞ!(ボリビアの半額!!)

<イースター島>

☆レンタカーは昼過ぎに借りて、次の日の昼ごろ返却がオススメ!
 そうすれば、夕日、次の日の朝日を見に行けます!
 (ただしその場合、できれば、車を前日のうちに予約しておきましょう!
  一番安い車(1日30000ペソ位(6千円))は早めにいかないとなくなってしまうのです!)

☆ダイビングがすきな方は、ぜひ沈んだモアイを見にダイビングを!1ダイブ50USドル)
 (これも早めに予約がおすすめ!結構混んでます!)

☆博物館は、日曜ならフリーです!

☆日曜、9時からある教会でのミサは、最後にみんなで
 手をつないで歌をうたったりするので、ぜひ!!

☆イースター島での食材は、本土の2-3倍です!!
 レストランも日本並の物価なので、できるかぎり、本土から大量の食材を
 持ち込むことを強くオススメします!!!(麺類、米、缶、スープ、野菜などなど)


☆お土産屋で安くてかわいいお店あり!!


☆島で唯一の日本食屋「康太郎」で
 島めぐりをする前に、イースター島の「ふしぎ発見」等の
 ビデオを見ると、遺跡めぐりがさらに楽しくなります!!
 ただし、味は。。。。
 一番安いのはバックパッカー丼(7USドル)です。
 ちなみに、ネットフリーです!

IMGP0536.jpg






FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2008年09月17日

<チリ編> 世界中の宿 ビーニャデルマル 汐見荘



長旅をしていると、
どこか一箇所で落ち着いて、
のんびり、ゆっくり過ごせる時間が
とても恋しくなるものです。

CIMG0957.jpg

ここ、
ビーニャデルマルでは、
特にこれといった見所や、
やることがあるわけじゃないのですが、

とくにかく、
安心して、のんびりできる条件が揃っているので、
多くの旅人が長い旅の骨休みに
その羽を安めにやってきます。

CIMG0951.jpg


日本の半額以下の値段で魚介類が食べれるから、
毎日刺し身や、料理を楽しめる。。。。
(自炊で食べ慣れた味を
食べれるのは、とても幸せ。。)

CIMG0938.jpg


静かで平和そうな環境だから
心も癒される。。。(南米では、いつもどこか気がはってた。。)
。。。

そこに、
コレでもかと言うほど揃った日本の書籍を
読み始めると、ついつい長居したくなっちゃうんですよね。。


旅中、
いくつかの日本人宿がありましたが、
ここは間違いなく、そのトップに入るとっても素敵な宿だったと思います。

CIMG0962.jpg

長旅の休息にぜひ、チリ、ビーニャデルマル
汐見荘へ。。。!!



CIMG0970.jpg

<汐見荘>
baquedano 319, recreo, vina del mar
56-032-2368315
一泊ドミ 9ドル
長期割引あり

パソコン持参者ネットフリー、キッチン、書籍多数
情報ノートアリ、居心地とてもよし!

!!!注意!!!!!
歩き方にのっている、汐見荘への行き方の
コレクティーボ乗場がまちがってます!
正しくは、Alvarezではなく Arlegui stです。
また86、88は町中でなかなかみつけれません。
2、20、25、200,250なら、汐見荘の通りbaquedano(バケダノst)までいくので、
運転手さんに最初にそのbaquedanoでおろしてもらうよう告げ、
そこでおろしてもらいましょう!
その坂を319番地めざして、300m位登ります!
荷物がおおいと、かなりの坂なので大変ですが、がんばってください!
(セントロから約400ー500ペソ(1USドル))

FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2008年09月13日

<帰国後日記> ただいま!



2008.9.13

303日間の世界一周を終え

本日、日本に無事帰国しました!!

CIMG2617.jpg


旅先で出会ったたくさんの方々、

旅先でお世話になったたくさんの方々、

ご心配、応援をして下さった皆様、

こうして、無事に帰国できたのは、
そんな1人1人の方々のおかげです。

本当にありがとうございました!!!!!


とりあえずは、この場を借りて
お礼の言葉と、帰国のご報告とさせて
いただきます。。。!!


帰国した今後の予定は、
まだはっきりとは決まってませんが、
この旅中に発見してしまった
新たな夢
へ向かって準備、
挑戦していきたいと思ってます!!



世界一周旅行という夢は、
これでひとまず終わりを告げることになりますが、
それはまた同時に、
この新しい夢への始まり。



その新たな夢とは・・・


のちほど、
このブログ上でまた報告する予定です!!


ということで、
今後も、お時間がある時には、
引き続きこのブログを見て頂けたら
とてもうれしく思います。



また、チリ、ブラジル編の報告も随時アップしていきますので
お楽しみにーー!!!








FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2008年09月10日

<チリ編> 世界中の世界遺産 モアイ!!


IMGP0604.jpg

世界7大不思議に数えられる
イースター島のモアイたち。

IMGP0596.jpg

おおきいものは20mをこえ、重さは10トン以上。。

車も機械もなかった昔の人々が、
一体どうやって、これらをつくり、うごかしたのでしょう。。。

さまざまな憶測と疑問が未だに飛び交う中 、
モアイたちは、太平洋のまんなかに、ぽつんと存在しています。


IMGP0520.jpg

だれもが一度はその姿をテレビや、本でみたことが
あるのではないでしょうか、、

そのくらい有名なモアイがある島なのに、
実際この島にきてみると、その素朴さにびっくりしました。

IMGP0479.jpg

観光地というと、どうしても観光なれした現地の人たちと 、
観光地化した、おなじような町並みをイメージしていたのですが、
ここ、イースター島では、そんなことを微塵も感じなかったのです。

IMGP0470.jpg

道を歩いていると
「どこにいくの?乗っていきなよ」
と、逆ヒッチハイクをしてくれた街の人たち。

IMGP0462.jpg


島をレンタカーではしっていると、
その道は、全く舗装のされていない道だらけ。
まるでジェットコースターに乗っているような島でのドライブ。。。


IMGP0458.jpg



朝日に染まるモアイ

夕日に染まるモアイ

いつも海を背に、
島を、
空を
みつめつづけるモアイたち


そんなモアイたちを実際に
目の前にして、
ぼーっとながめていると、
そこはなんだか、現実じゃない場所のようでした。。


イースター島。。。

それは、時の果てにあった。
そんな島でした。。

IMGP0439.jpg






FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2008年09月08日

<国別まとめ>ボリビア編



CIMG0217.jpg

ボリビア
 まとめ

2008.7.10 ~ 2008.7.31
22日間





  滞在中レポート色々


<ボリビア編>世界中で買い物

<ボリビア編>世界中のジャングル

こちらも↓も是非見てみてくださいね♪
Quunレポーター活動10回目
「ペルー、ボリビア、魅惑の文化と人々」

http://quun.net/qc01/

CIMG0171.jpg



宿情報



<ラパス>

ようこそ
call santa cruz 260
日本人宿 25b~ 情報ノート有り。
でもシャワーがぬるいため、情報ノートをチェック後
エルソラリオに移る人多し。

or
エルソラリオ EL solario
calle murillo 776
20b~ キッチン有り、フリーネット有り
日本人も多いです。



移動情報



<これまでのルート>南米編をご覧下さい。



その他の情報



<ラパス>

☆買い物天国です!

☆インディヘナのおばちゃんたちが闘うプロレス
毎週日曜のみ は おもしろいです!

☆毎週木曜、日曜にある大マーケット エルアルトで
も見ごたえあります。

☆ラパスから行ける、ジャングルツアー、デスロードツアーも
人気です。

☆おいしい屋台いっぱい!
サルティーニャ、朝食にはぜひ5bのフルーツサラダを!

CIMG0189.jpg







FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2008年09月06日

<国別まとめ> ペルー編



P1080155.jpg


ペルー
 まとめ

2008.6.25 ~ 2008.7.10
16日間





  滞在中レポート色々


<ペルー編>南米への道のり

<ペルー編>世界中の世界遺産


こちらも↓も是非見てみてくださいね♪
Quunレポーター活動10回目
「ペルー、ボリビア、魅惑の文化と人々」

http://quun.net/qc01/

P1080305.jpg



宿情報


P1080300.jpg


<クスコ>
ペンション花田 or ペンション八幡

どちらも有名な日本人宿です。
情報量や出会いの多さは八幡だと思います。
花田は静かにゆっくり過ごしたい方にはいいと思います。
どちらも1泊20S(花田は長期割引在り

<プーノ>
マンコカパックイン manco capac inn 15S(トイレ別)
jr.tacha 277,puno
こちらも有名な御用達宿。
情報ノート有、とっても快適なホットシャワー。
ただ、このホテルの名を語る悪徳タクシーが多いらしいので、
このに行く時は、かならず、バス停から離れたタクシーを
使ってほしいとのことです!



移動情報


P1080328.jpg


<これまでのルート>南米編をご覧下さい。



その他の情報



<クスコ>

☆学生証、イエローカードつくれます!
学生証があると、マチュピチュが半額です。
免許証を持参すると良いそうです!
イエローカードも格安でにとれるそうです!
(詳しくは上記宿の情報ノートを参考に。。)

☆買い物はクスコで!
品揃えや、質を考えるとクスコがとのこと!
ペルーよりボリビアのが若干安いですが、
ペルーの方がかわいいもの、質がいいものが多いです!
ペルーから南下して行く方は、なるべくペルーでも
買い物をしておいたほうがいいでしょう!

☆高山病に注意!
本当に標高が高いので、少しだけで、息切れです。
なれないうちは、ゆっくりめに予定、行動した方がいいです@

<プーノ>

☆見所は、なんといってもティティカカ湖。
なかでも藁でできたウロス島は本当にかわいい!
日帰りから1泊~のツアーがあります!

☆クスコより治安は悪いとのこと。夜、早朝は要注意です。


<ペルーおすすめ食べ物>

☆チリモヤ!
南米特有?の果物!
緑色でごつごつした外見だけど、
中身は白くて、大きな種あり@!
めちゃ甘くておいしい!

☆セビッチェ!
シーフードマリネみたいな感じ!
酸味がきいてて、おいしい!

ほかにも、ペルーにはおいしい食べ物がいっぱい!

P1080154.jpg







FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2008年09月04日

<実際のルート>南米編



いよいよ最終地、南米大陸です!!
移動は、南米大陸中に網羅された長距離バスが
主要な移動手段になりますよ!

 < 南米編 >

AA_map_S-America.gif



いつ?どこへ?何で?コメント
2008.6.26
リマ(ペルー) ークスコ(ペルー)
長距離バスTEPSA社 90s
14発 翌1020着 所要20時間
大手バス会社オルメーニョなどの集まる通りにバス停はあります。 料金もよりかなり安く、座席もファーストクラス並でした。夜と朝ご飯つき。夜はひえるので、あたたかい服装は必須です。
2008.7.2-4
クスコ(ペルー) ーマチュピチュ
(ペルー)
行き バス乗り継ぎ+徒歩3時間 所要11時間 17$(詳しくは宿のノートでのをチェック!)
帰り 電車+バス 所要4時間 35$
マチュピチュへの行き方は大きく分けて4通りあります。
1.クスコから電車 往復90$(安い席)
2.オリャンタンタイボまでバス(2$)、そこから電車(30$)
3.サンタクルスまでバス乗り継ぎ(5-10$)、そこから徒歩3時間
4.オリャンタンタイボまでバス(2$y)、そこから徒歩8時間
時間とお金と体力とを、考慮しながら、上記の行き方を考えるとオモシロイですよぉ!
ちなみに私は 行きは3、帰りは2にしました。

2008.7.5
クスコ(ペルー) ー プーノ(ペルー)
長距離バス クルスデル社 36s
2130発 翌330着 所要7時間
ツアーペルーというバス会社が安くて評判がいいみたいです!15s位!夜はかなりので注意!
2008.7.6-7
プーノ(ペルー) ー チチカカ湖(ペルー)

1泊2日のウロス島ツアーに参加。58s プーノの宿で(マンコカパックイン)で最新の情報を収集してから、行くことをおすすめします!

2008.7.10
プーノ(ペルー) ー ラパス(ボリビア)

ツアーペルー会社にて申込 25s
730発 17着 所要10時間 コパカバーナ経由
国境での手続きはバスのガイドさんが案内してくれるので楽ちんです。国境ではパスポートのコピー、1ボリが必要。ただし国境ではかなりレートがので5$位両替すれば十分です。
2008.7.18-19
ラパス(ボリビア) ー コロイコ(ボリビア)

コロイコ行きバスで直接申込。毎日7-13時に有り。15b 所要3時間
ミニバスなので、乗り心地は悪いです。
2008.7.21-26
ラパス(ボリビア) ー ルレナバケ(ボリビア)

バス停で当日申込。11時発 翌4着 所要17時間 65b youngna社がおすすめ。
かなりの悪路。かなりの長時間なので、要覚悟。帰りはかなり寒いです。 また雨季は事故が多い(崖への転落事故)飛行機でいくことをおすすめします。
2008.7.28
ラパス(ボリビア) ー ウユニ(ボリビア)
ラパス→オルーロ バス 3時間
 15B オルーロ→ウユニ 列車8H
ラパスから世界いち大きい塩の湖のあるウユニ塩湖へ!ボリビアの道路事情の悪さから、列車がオススメということで、列車を利用しました。
①ラパスの列車予約事務所で前日に切符を購入。(事務所は歩き方or観光案内所にて)週に2回しか運行してないので、時間のない方はバスが無難。また込み合ってるので前日までに購入がオススメです。
②ラパスから列車の駅があるオルーロという街には、ラパスのバス停からいけます。一日何本も何社もあるので、現地で直接購入で大丈夫です。列車の時間に余裕をもって、ラパスを出発。(宿を8時半に出て、9時半のバスに乗る。
③オルーロのバス停から列車乗り場までタクシーで移動。列車は時間通りに出発(15・30発 20・30着)

2008.7.29
ウユニ(ボリビア)→
サンペトロデアタカマ(チリ)
ウユニで2泊3日のチリ抜けのウユニ塩湖ツアーに参加。バス代、宿泊費、ツアー代、食費などすべて込みで92USドル。
ウユニの街には多くのツアー会社があります。
チリにそのまま行きたいときは、ツアー申し込み時に、チリ抜けの旨を伝えると通常料金より2-5USドル高くなるけど、そのほうが楽チンで安いと思います。(詳しいツアー内容等は、ラパスの情報ノートなどでチェックしておくといいでしょう)
2008.8.1
サンペトロデアタカマ(チリ)→
ビーニャデルマル(チリ)
当日バス会社(TUR-BUS)にて発券。アントファガスタ経由、32500チリペソ 17・30発 翌日19・00着 所要27時間。 セミカマクラス
チリに入ったとたん、アスファルト&バスのきれいさにびっくりです。それに比例して移動費も3倍くらい高くなります。 サンペトロデアタカマはツーリスト向けのかわいい街ですが、物価もチリ内でも高いとのこと。(1泊14USドル前後) バスは食事がなにもつかなかったので、同じ道にある違うバス会社のがいいと思います。座席はいたって快適でした。
2008.8.10-19
ビーニャデルマル(チリ)
←→イースター島(チリ)
ビーニャから空港までの直行バスあり。ビーニャ朝5時発のみ 4200ペソ 約2時間。 サンチャゴ空港からイースター島までは世界一周航空券を使用。(所要 6時間)
ビーニャから直接空港への行き方などは、ビーニャの日本人宿に詳しくあります。ちなみに空港は24時間オープンで、2階の待合所は警備員もいて、安全そうでした。
2008.8.19
サンチャゴ(チリ)→
サンパウロ(ブラジル)
世界一周航空券使用。 所要4時間
軽い軽食あり。全席モニター付なので、ちょっとうれしいです。

2008.8.29-9.1
サンパウロ(ブラジル)←→リオデジャネイロ(ブラジル)
長距離バス利用 当日予約<行き 58リエル 7:00発→14:00着 所要7時間><帰り 65リエル 22:10発→5:00着 所要7時間>

サンパウロからリオデジャネイロへ2泊3日で旅行に行きました。バスは1日に何本も、何社もあるので問題ないでしょう。空調がききすぎで、かなり寒かったので重ね着できるような上着をもっていくことをオススメします。

2008.9.3
サンパウロ(ブラジル)→
フォズドイグアス(ブラジル)→
プエルトイグアス(アルゼンチン)

TERSA社 88リエル 16発→翌日8am着 所要16H セミカマ 食事等なし

サンパウロからイグアスの滝を見るため、4泊5日の旅行をしました。
!注意!
フォズドイグアスからプエルトイグアスまでの行きかた
(フォズトイズアスからプエルトイグアスへは、ローカルバスを2回乗り継いでいきます。バスターミナルのインフォメーションで英語で教えてもらえます。
1.まず長距離バスターミナルから近距離バスターミナルまで移動
2.近距離バスターミナルのすぐ横にプエルトイグアス行きのバス停があります(わかりずらいので注意)
3.そのバスに乗ったら、まずブラジル側の国境でバスを降りましょう!(降りない地元の人もたくさんいます)その際に、バスの運転手さんに、バスの半券をもらいましょう!(出国手続き後またバスを無料で乗るために)
4.ブラジル側の出国手続きを済ましたら、またバスに乗って、今度はアルゼンチン側の入国手続きのためバスをおります(ここでは全員がおります)

ここでの出国入国トラブルもよくきくので、しっかりスタンプをもらっておくことをおすすめします。

2008.9.6

プエルトイグアス(アルゼンチン)→サンパウロ(ブラジル)

長距離バス 2日前に予約(当日&次の日はすでに満席だった) 220アルゼンチンペソ 13時発 →翌朝4時着 所要16H カマクラス 食事1回、水コーヒ-フリー

かなり混雑する路線なので、早めに予約しましょう! バスはかなり快適です!国境ではバススタッフの人が案内してくれるので安心です。ただバス乗客全員が同時に入出国手続きするので、かなり時間がかかります。国境ではすばやく降りて手続きをすましましょう!
2008.9.11

サンパウロ(ブラジル)→NY(アメリカ)→成田空港(日本)→名古屋セントレア(日本)
世界一周航空券使用 ブラジル→アメリカ 7時間 アメリカ→成田 13時間 成田→名古屋 1時間 S所要時間 11日22時発 13日17時着 24時間位
日本へ帰国!
JALは機内預けが32KGを2つまで預けれます!(トータル64KGまでOK)
トランジット先での荷物受け取りの有無を最初にきいておきましょう!



P1050110.jpg


303日間の旅終了です!!!
トータル32カ国75都市を巡る世界一周旅行でした!

P1050111.jpg

FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆
☆ 世界一周プロフィール ☆

☆ みわ ☆

Author:☆ みわ ☆
<期間>
2007年11月15~
2008年9月13日
 計303日間(約10ヶ月)

<訪問国>
台湾・香港(マカオ)・
中国・ベトナム・
カンボジア・タイ・ラオス・
マレーシア・シンガポール・

インド・ネパール

トルコ・シリア・ヨルダン・エジプト

ブルガリア・アルバニア・
マケドニア・クロアチア・
ボスニア・モンテネグロ・
セルビア

ハンガリー・オーストリア・
チェコ・スペイン

ペルー・ボリビア・チリ・
アルゼンチン・ブラジル

以上32カ国

<主な移動手段>
世界一周航空券と現地バス

<旅行費用>
約140万円

<準備期間>
約半年




自己紹介はこちら
からどうぞ☆

☆ホームに戻る☆

☆ 紹介されました ☆
☆ 世界一周関連リンク ☆
☆ ご意見お待ちしてます! ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

どんなことでも構いませんので、何か質問やメッセージがあればコチラからどうぞ☆
☆ ブログ内検索 ☆
☆ QRコード ☆
QRコード
☆ RSSフィード ☆

Appendix


☆ このブログの内容 ☆
☆ 最近の記事とコメント ☆
☆ 全記事はこちらから ☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。