--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2008年03月28日

<出発前アドバイス>短期旅行と長期旅行の違い


多くの旅人が
「何かを見つけたい」
「自分探しをしたい」
そう思い、旅に出ています。

でもその中で、感じること、思うこと、気づくことって実は、
日本にいたら本当に身近だった当たり前だったことだったり
日本にいたら気づかなかった自分自身のこと。。

誰もが毎日の中で少なからず
「迷いや悩み」を抱えながら生活してると思います。

そんな中でその迷いとどれだけ逃げずに立ち向かえるか、
その悩みをどれだけ知ろうとするか、
それは日本の「日常」の中では、忙しさに追われて難しい。

だから
「日本じゃないどこかへ行けば
答えがみつかるかもしれない」

「日常じゃないそこには、この悩みを考える時間がたっぷりあるから」

これが、短期じゃなく、長期で旅をしている旅をしてる旅行者の人に
いえる共通点のような気がします。

でもそんな思いで出発した人でさえ
一度旅に出てしまえば、
そこには”旅”という新しい「日常」が待っているんです。

「答えをみつけよう!自分探しをしよう!」
と出てきたものの、
旅先での出会いや、毎日の出来事に忙しくなり、
なんとなく時間も流れていってしまう。

そうして時間はあっというまに流れ、
結局答えなんて見つからず、
でも
「(日本で仕事で忙しく働くよりは)楽しかったし、
新しい出会いもあったし、色々な経験ができた!」
というパターンが多いのだと思います。

だから旅にには「テーマ」があるといい。。。

長期で旅に出るのなら、
そんな旅の日常に自分が負けないような
「強い意志」の源になるような「テーマ」を見つけてほしいんです。

もしくは旅のなんとなく流れていく時間に負けないだけの
「旅をする中で何かを見つけるぞ!」
「何かを身につけるぞ!」
という強い意志だけでも持ってきてほしいと思うのです。

日本で
「目的を持って過ごす」
ということができない人が、いざ海外に来て
簡単に変わることができるかと言ったら
やっぱりそんなうまくはいかないんです。。

人間やはり
「楽な方へ、楽な道へ・・・」
と行きたくなってしまうものだから。。。。

海外には、
長期滞在に適する場所、日本人宿、日本人としゃべっていれば、
いくらでも楽な生活はできてしまうから。。

もちろん旅の楽しみ方は千差万別。

だけど、もしあなたが
「この旅で自分探しをしたいんだ!」
と本当に強く思うのだったら、一番大切なのはあなたの心と体。

「世界中のレシピを集めよう!」
「世界中のおもしろ建物を写真にとろう!」
「世界中のマッサージを受けてみたい!」

テーマなんて何でもいいんです!!
ただそれをやりぬくだけの強い心と体を持ってきてください!

それが短期で旅することと、長期で旅することの
大きな違い。

長期で旅するということは
「旅」が「日常」になるということを
くれぐれも肝に銘じてきてくださいね!!

スポンサーサイト

FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2008年03月24日

<インド編> 日本人であること




「Where are you from?
(どの国から来たの?)」

P1030916.jpg


このセリフを
一体、この4ヶ月間で何百回聞かれたことでしょう。

時には最初から
「Are you Japanese?(日本人ですか?)」
と聞かれることも少なくありません。

P1030966.jpg



「日本はいいね」
「日本好きですよ」
P1040248.jpg



そう言われることも本当に多いんです。
そう言われる度に
「日本のどこがいいと思うんですか?」
色々な国をめぐる中で、この共通の質問もしてきました。

外国から見た日本、
外人さんから見た日本人がどう映っているのか知りたいからです。


P1040038.jpg


その中で最近少しだけ分かってきたことがあります。

それは、日本人の特徴と、日本人としてどう振舞うべきか、ということです。


「協調性があって、とても礼儀正しい」
だから「日本人」というだけで好かれることが多い反面
「お人よし、情深い、そして英語ができないから文句も言ってこない」
だからポッタクリの標的として
「日本人」というだけで狙われてしまうのが日本人の特徴。

例えば、お店で買い物をする時、
「いっぱい商品を見せてもらった。
いっぱい説明もしてもらった。
この人はすごく親切だから、
この商品にはあまり満足できないけど、
文句を言うのは申し訳ないな。。
(だから少し不満だけど我慢してここで買おう)」

さらに、
「(英語で)どう言ったらいいのかわからないから、
しょうがないか。。」
と、何かトラブルに合っても文句も言えず、
泣き寝入りするケースはよくあるようです。


P1040044.jpg


ここで思うことは、
「日本人」というだけで、好かれたり、ボッタクリの標的にされるのは
やはり今までの日本人の先輩方が築き上げた歴史の結果です。

だから、今後日本人がどんな風に、この現地の人たちの目に映るかは
今、この人たちの目の前にいる、わたし達1人1人の行動にかかっているわけです。

P1040241.jpg



言われてみれば、そうですよね。
私も日本に住んでいる時、知り合いになった外国の人が
とても陽気で、親切にしてもらったから、
「あー、この人の国はこーゆー国なのかなぁ!」
と、その人の国が好きになったり、好印象になります。

でも逆に知り合いになった外国の人が、
マナーが悪くて道徳心にかける人だったら
「この人の国のマナーは、こんなのなの?」
と、目の前にいるその人だけでなく、
その人を通して、その人の「国」全体の印象が悪くなってしまいます。

そう、
もしかしたら、今私の目の前にいる人にとっては、
私という存在が、ひとつの日本という「国」であり、
私を通して「日本」を感じているのかもしれません。。

「日本が好きだよ」

この言葉を聞くたびに、旅先では特に
わたし達一人一人が日本人代表として、
目の前にいる人たちに対して接していくことが
大切なんだということを改めて感じます。

P1040264.jpg


FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2008年03月20日

<ネパール編>国別まとめ



20071018214510.gif


 ネパール まとめ

2008.2.25 ~ 2008.3.16
20泊21日間





  ネパール滞在中レポート色々



<ネパール編>世界中の街

<ネパール編>世界中の乗り物 

<ネパール編>一人旅 

<ネパール編>お金報告



宿情報



☆ スノウリ ☆
ネパールゲストハウス
ツアーに含まれている宿だったので、強制宿泊でした。夜遅くに到着して、朝早くにチェックアウト。併設のレストランは高くておいしくなかったです。

☆ ポカラ ☆
MT.FUJIゲストハウス S80ルピー(130円)バス、トイレ付)
オーナーがフレンドリーで、値引きもしてもらったので、とても満足でした。
(恐らくインドの直後だったので、余計に幸せでした。。綺麗なシーツ、本物のホットシャワーが本当に幸せで。。。)
P1040022.jpg

ポカラのおすすめ宿ですよ!

☆ カトマンズ ☆
チェリーゲストハウス S120ルピー(200円 バストイレ別 値引後)
親日家のオーナー、毎日掃除ありで清潔、フリーのホットウォーター、紅茶、冷蔵庫、ガスコンロなども使えるので、長期滞在にはいいと思います。屋上にはくつろげるスペース、洗濯スペースもあり。日本の本、情報ノートもあり。ただシャワーがソーラーパワーのみなので、日中に浴びないとお湯はでません。

☆ ナガルコット ☆
雲海リゾートホテル ドミ 200R(300円) シングル300R(500円 トイレバス付)
掃除が行き届き、とても清潔感がありました。テラスからは朝日はもちろん、ヒマラヤ山脈が見えます。(天気がよければ。。)情報ノート、日本の書籍あり。シャワーはソーラーシステムのため、日中のみ。




移動情報



☆バラナシ(インド) → スノウリ(ネパール)☆

バラナシのフレンズゲストハウスでツーリスト向けのバスチケットを予約。600ルピー(1800円:スノウリでの1泊分宿泊費、1回朝食込、バラナシ~ポカラまでの料金) 9:00発→21:30宿到着 所要13時間。バスはツーリスト向けだけあってインドのローカルバスに比べるとだいぶキレイで座り心地もよかったですが、エアコンはもちろんついてないので、日中は暑く、夜は寒いくらいでした。道はほとんど舗装道でしたが、やはりバスの後部座席はよくゆれるので、バスには早めに乗り込み、前の方の席がいいと思います。

☆スノウリ → ポカラ☆

上記チケットに含まれてます。 朝6:45発 → 15:15着 所要約9時間。
道は舗装されてない道も多く、山道なのでかなりカーブが多いです。しかも混雑する時期だったからか、定員以上の人数を乗せていたため、座席のない人はバスの屋根に乗せられていました(とても危険!!そして寒いこと間違いありません。。)バスの席取りは必須だと思われます。。。バスはローカルバスだったため、乗り心地は悪かったです。(スノウリ~ポカラ間はこのバスしか運営されていないらしく、他の旅行者の方も嘆いていました。。)バラナシからポカラまでのこのトータル21時間、2日連続の移動はかなり大変だと思われます。

☆ ポカラ → カトマンドゥ ☆

宿で予約。300R(450円) 7:30出発 → 14:30着 所要7時間 バスの種類はツーリスト用(高級15USと中級)とローカルバスがあり。道は山道なので、乗り物酔いの方は気をつけてください。

☆ カトマンドゥ ←→ ナガルコット ☆

ナガルコットはカトマンドゥから近く、エベレスト眺望とヒマラヤ山脈の朝日がきれいなことで有名なリゾート地です。
ローカルバスの乗り継ぎ(30ルピー前後(50円)所要3時間半)と、ツーリストバス(250ルピー(400円)所要1時間半))の2種類の行き方があり。詳しくはアティティツアーのスディールさんor宿の方に聞いてください。私は地元の人の案内でローカルバスで行きました。途中乗り換えがあったり、時間もかかるので、言葉&時間のない方にはツーリストバスがいいと思います。
P1040222.jpg

ナガルコットに行ったら是非この「憲武珈琲店」へ!
店名のごとく、とんねるずの憲武似?(写真右)の面白いオーナーがいますよ♪


☆カトマンドゥ(ネパール) → デリー(インド) ☆

日本語ペラペラの素敵なネパール人「スディール」さんがいる「アティティツアー」で予約。2200ルピー(3500円)16:00発 デリー翌日の16:00頃到着予定。。。


P1030865.jpg

ネパールの移動道中は、山あり、谷あり、川あり、変化にとんだ景色がとても楽しめます。





その他の情報


<ポカラ情報>

インドと比べても、カトマンズと比べても
メインストリートはきれいに整備され、ゴミも落ちてない、
客引きもとても少なくて、静かな街。
ただ観光地なだけに物価は観光客向け。
ネット代 1h 60ルピー
水1L 15ルピー
両替レートもカトマンズより悪いので
カトマンズから来る方は、
少しまとめて両替しておくことをオススメします。

湖沿いをある足り、近場の山にトレッキングに出かけたり、
のんびりするには最適な場所ですよぉー☆

<ポカラグルメ情報!>
☆MAMMA MIA(マンマミア 歩き方掲載アリ)
ここで食べた折畳んだピザ(195ルピー)が本当においしかったです!
中からチーズたっぷり、本格的なイタリアンでした!
量が多いので、数人でぜひ行ってみてくださいね♪
P1030875.jpg

これがその折畳みピザ! この味は日本で300円(200R)で食べれないです!


☆ローカルモモレストラン(地元系レストラン!)
上記マンマミアの交差点を、マンマミアとは逆に歩いていくと
屋台レストランがたくさんあって、そのうちのひとつです!
英語表記があるので、わかるとおもいますよ!
ここのモモ&トゥクパはおすすめです!
なんとここのトゥクパの味は日本の「トンコツラーメン」そのもの!!
こんなところでとんこつラーメンが食べれるととは思いませんでした。。笑

☆D.B.MOMO(ディビ。モモ 歩き方掲載あり)
日本人には有名な情報ノート、漫画もあるレストラン☆
値段も安め(ダルバート70~ モモ40~)量がはんぱなく多いです!



<カトマンズ情報>

まずは「アティティツアー」へ!
ここには日本語ペラペラの素敵な笑顔のスディールさんがいます。
分からないことや、困ったことがあったらこの方に相談するのをオススメします!
そして、日本語タメル地区便利マップ!!!があります
(←両替情報、グルメ情報など記載あり)
ツアー料金も良心的です。
情報ノート、日本の書籍、靴をぬいでくつろげるお部屋、
無料のインターネット、しかもチャイまで無料で出していただけます。。
ちょっと疲れた長旅の合間には、最適な場所ですよぉ。

ということで、カトマンズの情報は
アティティツアーで旬な情報を直接入手しちゃってくださいね♪
P1040052.jpg

左にいるのがアティティツアーのスディールさん!!



P1040179.jpg

ネパール料理語紹介!
こうれはチョーメン!日本のやきそばそっくり!(やきそばをもっと塩味にしたかんじ)

P1040178.jpg

これはチェンダック!日本のきし麺のような麺で、ピリ辛だけど、やみつきな味!


P1040166.jpg

これはモモ!見た目のままこれはまさに日本の餃子だと思えってもらえば大丈夫!中身はベジor肉が選べて、とくに水牛(buff)は肉肉しくて肉汁と、生地のモチモチ感が最高です!
安くて(レストランで40R(60円))おいしくてベストネパール(チベット)フード!







FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2008年03月16日

<ネパール編> お金報告


20071018214510.gif

 ネパール
 

★現地レート★

現地通貨名 ルピー

10円 = 6.1ルピー
1USドル = 63ルピー

★コメント★

主な出費項目

ネパールビザ(国境で取得) 30USドル
宿代 1日シングル 150ルピー~
食費 1食 屋台30ルピー~ レストラン 70ルピー~
お土産 アウトドア用品(カバン、フリースなど) 
     アジアン雑貨など 
移動費(ポカラ(ネパール)~デリー(インド)の合計 4千円位
郵便費 航空便1kg 1200円~


☆一番両替レートがよいといわれていたのが
「ネパール銀行」でした。
(パスポート持参で、混雑するので早めに行くことをオススメします)



FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2008年03月13日

<ネパール編>世界中の乗り物


東南アジアを陸路で旅してきて、
ある程度の忍耐力はついてきたと思います。

やはり発展途上国と呼ばれるような国では、
交通機関がかなり乏しく、その内容も日本などに比べると、
ともて辛いものが多いです。

でもそんな交通機関を体験するのも、旅の醍醐味のひとつ。

飛行機では味わえないような、少しずつ少しずつ変わっていく景色と、
地元の人々の生活の様子をまじかで垣間見ながらの移動は
楽しいものです!

で、、、
ここネパールでとってもローカルな乗り方にチャレンジしちゃいまいした!

ネパールのローカルバスでよく見かけた乗り方が
「バスの天井に乗る」というものでした!!

今まで「荷物」を天井にのせているのなら幾度となく見てきましたが
「荷物」ではなく、車内に乗れなくなった「人」がワンサカ天井に
乗っているんです!!

「うーん!!なんて面白そう!
360度パノラマのジェットコースターちっくな乗り物じゃないですか!」
そう思った私は、近場の移動にさっそく乗り込んでみたのです!

その感想。。。

1時間ずっと手すりを握っていないと
バスから吹っ飛ばされるので、
手が疲れる。
(くねくねの山道が多く、凸凹の道が多いです)

もちろん座席などはなく、鉄の上に座ってるので
おしりが痛くなる。

ついでに、途中でパンクするというアクシデント付で
(そりゃこれだけの定員オーバーと石まみれの悪路じゃパンクもするよぉぉぉ)
いつ出発するか不安になったりもしました。。

時にチャレンジする、こうしたローカルな乗り物での体験は
「地元の人たちはこれが普通なんだよなぁ。。
 強いなぁ。。!(おじーちゃんでもしっかり乗ってる)」
と思わずにはいられません。。

そして、そこで出会う地元の人たちは温かい人が多くて
体力的には疲れますが、心はどこか落ち着くのでした。。!


P1040023.jpg

バス停の様子。

P1040186.jpg

これがバスの上に乗車してる様子です!現在パンク中です!笑

P1040184.jpg

観光客は私だけ!みんな親切!!

P1040183.jpg

あ!向こうからも屋根に乗客を乗せたバスがやってきましたよ!!

P1040182.jpg

みんなふつーにリラックス。。落ち着かないのは私だけね?!

P1040071.jpg

ほかにも見る度に驚いてしまうのが、この荷物の運び方!
自分の体より大きな荷物を頭にヒモをあてて運んでるんです。。
中には70歳以上のおばあさんがこんな荷物を運んだりもしてて、、
本当にパワフルです。。

P1040066.jpg

荷物を運ぶ時は大量です。。!


FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2008年03月11日

<中央アジア編>実際のルート

私が実際に旅行した時期、ルートをご紹介します!

 < 中央アジア編 >

AA_map_Asia.gif




いつ?国名どこからどこへ?移動コメント
2008.2.16
インド
タイ(バンコク) → インド(ムンバイ)
世界一周航空券2枚目使用です。所要時間6時間。
2008.2.17
インド
ムンバイ(インド) → アーグラー(インド)
ムンバイ到着後すぐにアーグラー行きのチケットを旅行代理店で予約。780ルピー(2200円)所要26時間。 寝台ノンエアコン。駅で自分で直接手配すれば660ルピーみたいでした。 夜10;20発(実際は7;40) 丸1日後の夜中00:30着でした。(1日以上の移動でした。私はひたすら寝てました。)
2008.2.21
インド
アーグラー(インド) → バラナシ(インド)
アーグラー到着後して、まずその駅でバラナシ行き電車の予約をしました。(バラナシ行きはとても混雑するため予約待ちが多いと聞いていたため)現地の人の助けもあり、ウェイティングリストではあるものの予約はできました。(予約完了は当日出発3時間前に駅に直接行って席の番号を聞いたら完了するのだという話でした) 260ルピー(1000円) 所要15h 19:20発→翌日の13:30着(予定より2時間遅れて到着です) 夜はかなり冷えるので暖かいブランケットor寝袋持参をオススメします。また荷物の管理などを考えると一番上の3段目がやはりオススメです。
2008.2.24
ネパール
バラナシ(インド) → スノウリ(ネパール)
バラナシのフレンズゲストハウスでツーリスト向けのバスチケットを予約。600ルピー(1800円:スノウリでの1泊分宿泊費、1回朝食込、バラナシ~ポカラまでの料金) 9:00発→21:30宿到着 所要13時間。バスはツーリスト向けだけあってインドのローカルバスに比べるとだいぶキレイで座り心地もよかったですが、エアコンはもちろんついてないので、日中は暑く、夜は寒いくらいでした。道はほとんど舗装道でしたが、やはりバスの後部座席はよくゆれるので、バスには早めに乗り込み、前の方の席がいいと思います。
2008.2.25
ネパール
スノウリ(ネパール) → ポカラ(ネパール)
上記チケットに含まれてます。 朝6:45発 → 15:15着 所要約9時間。
道は舗装されてない道も多く、山道なのでかなりカーブが多いです。しかも混雑する時期だったからか、定員以上の人数を乗せていたため、座席のない人はバスの屋根に乗せられていました(とても危険!!そして寒いこと間違いありません。。)バスの席取りは必須だと思われます。。。バスはローカルバスだったため、乗り心地は悪かったです。(スノウリ~ポカラ間はこのバスしか運営されていないらしく、他の旅行者の方も嘆いていました。。)バラナシからポカラまでのこのトータル21時間、2日連続の移動はかなり大変だと思われます。
2008.3.2
ネパール
ポカラ(ネパール) → カトマンドゥ(ネパール)
宿で予約。300R(450円) 7:30出発 → 14:30着 所要7時間 バスの種類はツーリスト用(高級15USと中級)とローカルバスがあり。道は山道なので、乗り物酔いの方は気をつけてください。
2008.3.11-12
ネパール
カトマンドゥ(ネパール) ←→ ナガルコット(ネパール)
ローカルバスの乗り継ぎ(30ルピー前後(50円)所要3時間半)と、ツーリストバス(250ルピー(400円)所要1時間半))の2種類の行き方があり。詳しくはアティティツアーのスディールさんor宿の方に聞いてください。私は地元の人の案内でローカルバスで行きました。途中乗り換えがあったり、時間もかかるので、言葉&時間のない方にはツーリストバスがいいと思います。
2008.3.16
インド
カトマンドゥ(ネパール) → デリー(インド)
日本語ペラペラネパール人「スディール」さんがいる「アティティツアー」で予約。
2000ルピー(3200円)
16:00発 デリー翌日の16:00頃到着予定。。。
という予定はもちろん当たるはずもなく、
17:00カトマンズ発 翌日3:00am国境スノウリ到着。 国境で3時間程滞在。
1日中バスで移動した後、出発から丁度36時間後の翌々日の朝5;30にデリー到着です。
途中、休憩はあるものの回数は少ないです(4~6時間に1回の休憩)
ネパール内、インド(国境~バラナシ当たりまで)は道が悪いので要注意。
友人の話では、ネパール内、ネパール~インドのバスには寝台バスがあるとのことなので
この移動をバスで考えてる方は是非寝台バスを探して利用してみてください。

2008.3.19
インド
デリー(インド)  ←→ リシュケシュ(インド)
ヨガの発祥の地、ヨガの聖地と呼ばれるリシュケシュに「ヨガ」のためにやってきました。往路はリシュケシュ行き直行はないとのことで、まずハルドワール行きのバス(1日多数、ローカル120R、所要7時間)ハルドワールのバス停でリシュケシュ行きに乗り換えて(17R、1時間)でいけます。
帰りはデリー行き直行バス
2008.3.2.9
インド
デリー(インド)  → イスタンブール(トルコ)
世界一周チケット3回目の使用です。(ヨルダンのアンマン経由です。所要8時間)


「中央アジア編終了! 「東ヨーロッパ編」へ続きます!

FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2008年03月08日

<ネパール編> 世界中の街


インドからネパールに来るバックパッカーは口を揃えて
「ネパールは天国のように感じる!」
と言っていました。

そんな話を聞いていたからか、
私ははやくネパールに行きたくて行きたくて行きたくて
インドから逃げるようにネパールにやってきました。

インドのバラナシという町からネパールのポカラという町へ。

2日間連続の20時間のバスでの移動。
そうしてたどり着いたポカラという町はうわさ通り、天国のような場所に感じました。

なぜなら
牛の糞や腐ったゴミなどを踏まないように注意しながら歩く必要もなく、
牛やありとあらゆる臭い匂いに鼻を押さえる必要もなく、
狭い路地をどーーーんと構える牛をよける必要もなく、
断っても断ってもしつこく客引きしてくる人たちに頭を苛立てる必要もなく、
ポカラという町は、日本からすれば、いわばごく普通の町!!

でもその普通さがあまりにも嬉しく感じてしまうくらい
インドですごした8日間は濃厚だったんだと改めて感じました。

湖とヒマラヤの展望で知られるここは、
ホテルやレストランが集まる観光地として、
ネパール人やインド人、そして世界各地からもツーリストが訪れる観光地。
きれいな場所で、おいしいものを食べて
のんびり過ごしたい私にとっては、とても嬉しい場所となりました。

P1030989.jpg

湖と山々の景色はとてもきれいです。。
ただ残念ながら今の季節は霧が多くて、
私はヒマラヤ山脈が見れませんでした。。涙

P1030899.jpg

少し山を登ると、そこには地元の人たちの生活が
垣間見ることができます。。

P1030892.jpg

ネパールの方の顔立ちはどこか親しみがわくアジア顔。。

P1030881.jpg

きれいな空気と景色の中で一休み♪
超特大のチョコレートアップルケーキ!!
シナモン味で、かなり甘い!!

FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2008年03月06日

<ネパール編> 一人旅


一人でも大丈夫。
一人は気楽。
一人でも旅はできる

私は一人旅だから、この世界一周旅行は
一人でいる時間が多くなるものだと思ってました。

でも旅が始まって早100日以上が過ぎて、
この100日間を思い返してみると、
一人で過ごした時間より、誰かと過ごしている時間の方が
ずっと多いことに気づきました。

その中でも、シンガポールで過ごした3週間は
本当にすばらしい時間でした。。


「私も美和ちゃんみたいに旅に行きたいけれど、
色々な理由があって私は行けないと思う。
だから、あなたが私の分まで楽しんできてね。
応援してるから!」

そう言ってくれて、
私がシンガポールを旅立つ最後の夜、
毎日仕事で忙しい中、
手作りのTシャツを作ってくれました。。


ただただ嬉しくて、こんな感謝の気持ち、
日本語でもうまく伝えられないのに、英語で、ましてや
中国語でなんて、とても伝えられなくて、
ありがとう、としか言えない自分が悔しかった。。。

シンガポールからインドへ向う飛行機の中で、
3週間ぶりに一人になって、ものすごく寂しい気持ちになりました。。

でも
一人でいる寂しさを知ってるから、
二人でいる時間の大切さを知ることができて、
一人ですごす大変さを知ってるから、
二人で助けあうことの大切さを知ることができるんだと思います。

シンガポール、マレーシアで過ごした3週間、
そして今ネパールでも旅先で出会った方と一緒に旅をしています。

私はずっと一人でいれる程強くないし、
私は一人旅だけど、決して一人では旅はできない。。

たくさんの人に助けられながら、
旅先で出会ったすべての人によって、私の旅はつくられてます。

その1つ1つの出会いに感謝しながら、
残り約200日の世界一周花嫁修業がんばりたいと思います。

IMG_4488.jpg

(私のブログのテーマ「happy&smile」を刺繍してくれて
手作りのTシャツをプレゼントしてくれたジャーアン。)

P1030334.jpg

(朝早くにも関わらず空港まで送ってくれたみんな
 本当にありがとう。。!!!)

FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2008年03月03日

<インド編>世界中の世界遺産

世界一美しいお墓。

そう称される世界遺産の一つ
インドの「タージマハル」


P1030520.jpg


ムガル帝国第5代皇帝が
熱愛した妃の死を悲しんで作ったというそのお墓は、
世界各地から膨大な量の貴石と、職人を集め
国を傾けてまで22年という歳月をかけて作られたのだという。

P1030521.jpg


正門をくぐると、まっさらな青空に
まるで絵画を見ているかのように、その姿は輝いていました。

周囲には何の建物もない。

広々とした空間。

庭園と泉水を前に、それは完全な左右対称な作り。

P1030591.jpg


これが、本当に妃のお墓のためだけに作られたのかと思ったら
そのロマンチックさに思わず息を呑んでしまった。


P1030508.jpg


インドの喧騒を忘れてしまう、
このタージマハル内で、束の間のタイムトリップ。

P1030555.jpg


旅をしていると、遺跡や新しい場所への刺激も少なくなっていく中で
ここは久しぶりに心が躍った場所になりました。

P1030509.jpg

(まるでタージマハルを持ってるかのように
こうして写真を撮るのは、ちょっと有名らしいですよぉ)

FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆
☆ 世界一周プロフィール ☆

☆ みわ ☆

Author:☆ みわ ☆
<期間>
2007年11月15~
2008年9月13日
 計303日間(約10ヶ月)

<訪問国>
台湾・香港(マカオ)・
中国・ベトナム・
カンボジア・タイ・ラオス・
マレーシア・シンガポール・

インド・ネパール

トルコ・シリア・ヨルダン・エジプト

ブルガリア・アルバニア・
マケドニア・クロアチア・
ボスニア・モンテネグロ・
セルビア

ハンガリー・オーストリア・
チェコ・スペイン

ペルー・ボリビア・チリ・
アルゼンチン・ブラジル

以上32カ国

<主な移動手段>
世界一周航空券と現地バス

<旅行費用>
約140万円

<準備期間>
約半年




自己紹介はこちら
からどうぞ☆

☆ホームに戻る☆

☆ 紹介されました ☆
☆ 世界一周関連リンク ☆
☆ ご意見お待ちしてます! ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

どんなことでも構いませんので、何か質問やメッセージがあればコチラからどうぞ☆
☆ ブログ内検索 ☆
☆ QRコード ☆
QRコード
☆ RSSフィード ☆

Appendix


☆ このブログの内容 ☆
☆ 最近の記事とコメント ☆
☆ 全記事はこちらから ☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。