--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2009年05月27日

<総集編> 世界遺産 ~後編~

<世界一周総集編~世界遺産~>
~後編(前編からの続き)~




P1080300.jpg

あまりにもドラマティックなその光景に、

私は思わず感嘆の声を上げてしまいました


P1080342.jpg





マチュピチュの周辺を流れるウルバンバ川から、


崖になった斜面をなぞるように
上がってきた水蒸気は雲となり、


P1080368.jpg


遺跡の周辺にたちこめる。


P1080340.jpg

昇ったばかりの太陽が、


遺跡に陽光を差し込む。


P1080355.jpg

雲の切れ間の中、
斜光を浴びて立体的に浮かび上がるマチュピチュ。




P1080310.jpg


まさに噂に聞く
「謎の空中都市」がそこにありました。


P1080333.jpg


P1080303.jpg


精巧な石組みで造られたインカの都市は、
山と山を結ぶ尾根の上、
都市を造る場所とはとうてい思えない場所に
静かに横たわるマチュピチュ


P1080331.jpg



それはスペイン人から逃れるために、
秘密都市として
作られたとも言われています。



P1080325.jpg

P1080330.jpg


その総面積は5平方km、
約半分の斜面には段々畑が広がり、

市街区は神殿や宮殿、

居住区などに分かれ、

周囲は城壁で固められていました


P1080343.jpg




とり囲む山々とジャングル。

遺跡と自然、
すべてが調和した光景をじっと眺めていると、

P1080391.jpg


場所だけでなく、
時代までも旅したような錯覚に陥ってしまいました。



高度な文明だったにも関らず滅びてしまったその歴史は、
その後400年以上にわたって
人の目に触れることがなかった、この場所は


1911年にアメリカ人歴史学者
ハイラム・ビンガムがこの遺跡を発見したときには、
草に覆われた廃虚となっていたといいます。


P1080429.jpg


高山病に苦しみながら、
人々はそれでもマチュピチュを目指す。


P1080381.jpg


ここは歴史と
大自然の魔力で
人々の心を奪う場所。


P1080430.jpg


私もその魔力すっかりとりつかれてしまいました。。

P1080305.jpg





スポンサーサイト

FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆

2009年05月20日

<総集編> 世界遺産 ~前編~



世界一周 総集編として
お送りしているシリーズ。



<世界遺産>編です。


「あの遺跡は本当に感動した!」という
一番を紹介したいと思います。

P1080169.jpg


この世界一周旅行では、
有名無名、
大小含め約40以上の世界遺産を見てきました。

ほんの10ヶ月の間に40以上の遺産を見ということは、

7日に1度のペースで遺産巡りをしたことになります。

それだけ連続頻繁に遺産というものを見ていると、
正直遺産にしばし飽きてしまったり、
どれも似たような物に見えてきたりもしてました。

けれど、そんな贅沢になっていた
私の瞳と心に衝撃と刺激を与え、
ダントツに一番だと感じたのが
ペルーの「マチュピチュ」でした。




P1080174.jpg

日本からペルーへの直行便はない為、
もし日本から直接そこへ行くには、
アメリカで乗り換えペルーの
首都リマへ約一日がかりの移動になります。


さらにリマから、
アンデス山脈にある標高約3400mのクスコへ移動です。

P1080153.jpg

遺跡へたどり着く前に大変だったのが、
この標高差です。





P1080193.jpg

日本一高い富士山の標高が3776mだというのに、
このクスコという町の標高は、
その富士山と300mしか変わらないのです。



P1080158.jpg


そんなわけで、
急な標高差に誰もがもれなくかかるという
高山病に私も最初の2日間位悩まれることになりました。


これが本当に辛かった。

なんせ階段を2段上がるだけで、
心臓が口らから飛び出してきそうなほど
息があがってしまうのです。


P1080157.jpg

宿から食事のためにレストランに行くのですら、
まるで登山を終えた後のように疲れていました。


体調を整え直し、
ようやくその標高差に体が慣れてきた頃、
私はついにマチュピチュへと向かいました。

アンデスの山間から深いジャングルまで、
約4時間の鉄道の旅でたどり着いたのは、
アグアス・カリエンテスの駅。



P1080449.jpg


ウルバンバ渓谷の山間、
標高2880mのこの町は、
その標高さの穏やかさに思わず心も体も軽くなったように感じます


その日はマチュピチュ村で過ごし、
次の日の早朝に遺跡へ訪ねることに。


翌朝、
まだ薄暗い朝6時頃、
バスに乗りマチュピチュへ。

P1080445.jpg

バスにはつづら折りになったカーブを曲がりながら、
山を上っていきます。


なんとそのカーブの繰り返すこと13回。


行けども行けども見えるのは、
急峻な崖とジャングルのみ。

バスに揺られること20分ほどで
ようやく遺跡の入口へと到着するも、
まだマチュピチュはその片鱗すらも見せてくれません。



P1080291.jpg


P1080286.jpg

遺跡の入口を抜け、
最初の分岐を左に曲がり歩くこと約5分。


P1080285.jpg

P1080287.jpg

視界を遮っていた森が途切れ、
パッと視界が開けました




すると、そこに突然雲に覆われた
マチュピチュの全容が忽然と姿を現したのです。


~後編へ続く~


FC2ブログランキング

ランキング参加中!↑↑↑↑応援宜しくお願いします☆
☆ 世界一周プロフィール ☆

☆ みわ ☆

Author:☆ みわ ☆
<期間>
2007年11月15~
2008年9月13日
 計303日間(約10ヶ月)

<訪問国>
台湾・香港(マカオ)・
中国・ベトナム・
カンボジア・タイ・ラオス・
マレーシア・シンガポール・

インド・ネパール

トルコ・シリア・ヨルダン・エジプト

ブルガリア・アルバニア・
マケドニア・クロアチア・
ボスニア・モンテネグロ・
セルビア

ハンガリー・オーストリア・
チェコ・スペイン

ペルー・ボリビア・チリ・
アルゼンチン・ブラジル

以上32カ国

<主な移動手段>
世界一周航空券と現地バス

<旅行費用>
約140万円

<準備期間>
約半年




自己紹介はこちら
からどうぞ☆

☆ホームに戻る☆

☆ 紹介されました ☆
☆ 世界一周関連リンク ☆
☆ ご意見お待ちしてます! ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

どんなことでも構いませんので、何か質問やメッセージがあればコチラからどうぞ☆
☆ ブログ内検索 ☆
☆ QRコード ☆
QRコード
☆ RSSフィード ☆

Appendix


☆ このブログの内容 ☆
☆ 最近の記事とコメント ☆
☆ 全記事はこちらから ☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。